Python

【Plotlyで等高線を作成】サーモグラフィで新型コロナの対策にも

本記事ではサーモグラフィーのCSVデータを使って、Plotlyでの等高線図の作り方を紹介します。

コロナ対策で自分の手の温度を測りました。

本記事ではJupiter Notebook および Plotlyがインストールされていることを前提としています。

Plotlyの導入方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

【Plotlyの使い方】 Jupyter notebookでグラフを作る一番簡単な例を紹介します Anacondaをインストールし、Jupyter notebookを起動する まずはAnacondaをインストールする必要があり...

プログラムはこちらです。

中身を簡単に説明します。

df = pd.read_csv(‘2d-ver3.csv’) #pandasでcsv読み込み

df= df.drop(‘y/x’, axis=1) #一列目をデータから削除する(ラベルデータのため)

fig = go.Figure(data =go.Contour(z=df)) #等高線図を作成

offline.iplot(fig, filename=”2d-density”, image=”png”) #pngで保存

 

import plotly.figure_factory as ff
import plotly.graph_objects as go
import pandas as pd

df = pd.read_csv('2d-ver3.csv')
df= df.drop('y/x', axis=1)
fig = go.Figure(data =go.Contour(z=df))
fig.show()
offline.iplot(fig, filename="2d-density", image="png")

実際にデータを等高線図にしたものです。

そもそもの温度の絶対値が微妙です。

温度の分布は綺麗に出てきているのが特徴です。

Excelの等高線ではここまで鮮明にグラフ化はできないので

やっぱりPlotlyはすごいという事がわかりました。

ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotlyを活用したWebアプリ開発について初心者向けに発信中|Wordpressブログを運営しながらHTML/CSSの勉強中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信
【製造×プログラミング×AI】
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】ロボット×画像処理×AI×3現主義が得意な生産技術者|Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotly/PySimpleGUIなどを活用したアプリ開発について初心者向けに発信中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信|iOSアプリ開発も始めました
\ Follow me /