Python

【はじめてのkaggle】タイタニック号の生存予測データの解析基礎

環境準備

jupyter notebook導入

はず始めに、初心者向けにjupyter notebookの導入方法を説明します。

既に環境のある方はスキップして下さい。

まずはAnacondaをインストールする必要があります。

まだインストールしていない方は下記記事を参考にしてください。

【Pythonの始め方】AI作成準備 〜Pythonの環境構築〜皆さんはAIなんて自分では作れないと思ってはいないでしょうか。 実は本記事で紹介するPyhonを実装すれば誰でも簡単にAIを作って遊ぶ...

Anacondaのインストールが完了したら次はJupyter notebookの起動です。

Anacondaのインストールが完了したらAnaconda Navigatorを起動します。

その中のJupyter notebookをクリックします。

立ち上がったあとに右側にある「new」→「Python3」を選択すると、以下の画面になります。

ここの入力部分にコマンドを入れて実行するとプログラムが走る仕組みになっています。

データの読み込み

import pandas as pd
import numpy as np

train = pd.read_csv("C:/Users/user/Desktop/titanic/train.csv")
test = pd.read_csv("C:/Users/user/Desktop/titanic/test.csv")
train.head()

trainデータの全体感が分かります。

データの中身

train.info() 
<class 'pandas.core.frame.DataFrame'>
RangeIndex: 891 entries, 0 to 890
Data columns (total 12 columns):
PassengerId    891 non-null int64
Survived       891 non-null int64
Pclass         891 non-null int64
Name           891 non-null object
Sex            891 non-null object
Age            714 non-null float64
SibSp          891 non-null int64
Parch          891 non-null int64
Ticket         891 non-null object
Fare           891 non-null float64
Cabin          204 non-null object
Embarked       889 non-null object
dtypes: float64(2), int64(5), object(5)
memory usage: 83.6+ KB

データ数や列数、欠損データの有無やデータの拡張子が分かります。

Age、Cabin、Embarkedに欠損データがあるのでデータの穴埋めが必要です。

欠損データの総数を知る

train.isnull().sum()
PassengerId      0
Survived         0
Pclass           0
Name             0
Sex              0
Age            177
SibSp            0
Parch            0
Ticket           0
Fare             0
Cabin          687
Embarked         2
dtype: int64

欠損データの穴埋め方法紹介

欠損値を削除する方法

train.dropna()                          # 欠損値を含む行や列を削除
train.dropna(axis = 'columns')          # 欠損値を含む列を削除する
train.dropna(how = 'all')               # すべての要素が欠損している行を削除する
train.dropna(thresh = 2)                # 欠損していない要素数が2以上の行のみを保持する
train.dropna(subset = ['Age', 'Cabin']) # 列Age, Cabinで欠損値を含む行を削除する

train.dropna().shape                    #行列の減少を確認する用

※注意
drop()を呼び出すだけでは元のデータは変更されないため以下を実行
data.dropna(inplace=True)
あるいは
data = data.dropna()

欠損値を穴埋めする方法

train.fillna('FILL')
train['Age'].fillna(20)                   # 列Ageの欠損値を20で穴埋め
train['Age'].fillna(train['Age'].mean())   # 列Ageの欠損値をAgeの平均値で穴埋め
train['Age'].fillna(train['Age'].median()) # 列Ageの欠損値をAgeの中央値で穴埋め
train['Age'].fillna(train['Age'].mode())   # 列Ageの欠損値をAgeの最頻値で穴埋め
train.fillna(method = 'ffill')            # 欠損値に対して前方向に同じ値で穴埋め
train.fillna(method = 'bfill')            # 欠損値に対して後方向に同じ値で穴埋め

その他使える変換例

train.Embarked = train.Embarked.replace(['C', 'S', 'Q'], [0, 1, 2])
train.Sex = train.Sex.replace(['male', 'female'], [0, 1])
train.Age = train.Age.replace('NaN', 0)

カラムの削除

train.drop(['PassengerId', 'Name', 'Ticket', 'Cabin'], axis=1, inplace=True)

タイタニック課題の各パラメータについて

PassengerId: 乗客のID
Survived: 生存(1)、死亡(0)
Pclass: 乗客の階級
Name: 乗客の名前
Sex: 性別
Age: 年齢
SibSp: 兄弟、姉妹、義兄弟、義姉妹、夫、妻の数
Parch: 母親、父親、息子、娘の数
Ticket: チケットナンバー
Fare: 乗船料金
Cabin: キャビン番号
Embarked: 乗船場

Seabornグラフ集

seabornのインストール方法

pip install seaborn

全体感を把握する ①ヒストグラムと散布図

import seaborn as sns
import sklearn.preprocessing as sp

df = train
le = sp.LabelEncoder()
le.fit(df.Sex.unique())
df.Sex = le.fit_transform(df.Sex)
sns.pairplot(df,hue='Survived')

Survivedで色分けしています。

1・・・生存

0・・・死亡

グラフからPclass(乗客の階級)、Sex(性別)あたりが生存に影響していそうなことが分かります。

全体感を把握する ②相関係数のヒートマップ

sns.heatmap(train.corr(),annot=True)

年齢と生存の関係

grid = sns.FacetGrid(df, col='Survived')
grid.map(sns.distplot, 'Age')
grid.add_legend()
plt.savefig("seaborntest1.png")

性別と生存の関係

grid = sns.FacetGrid(df, col='Sex')
grid.map(sns.countplot, 'Survived')
grid.add_legend()
plt.savefig("seaborntest2.png")

乗客の階級と生存の関係

grid = sns.FacetGrid(df, col='Pclass')
grid.map(sns.countplot, 'Survived')
grid.add_legend()
plt.savefig("seaborntest3.png")

生存と関係ありそうなもの

grid = sns.FacetGrid(df, row='Embarked', size=2.2, aspect=1.6)
grid.map(sns.pointplot, 'Pclass', 'Survived', 'Sex', palette='deep')
grid.add_legend()
plt.savefig("seaborntest4.png")

参考サイト

seaborn

pythonで美しいグラフ描画 -seabornを使えばデータ分析と可視化が捗る その1

kaggle

Titanic Data Science Solutions

Pandas

Pandasで欠損値処理

ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotlyを活用したWebアプリ開発について初心者向けに発信中|Wordpressブログを運営しながらHTML/CSSの勉強中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信
【製造×プログラミング×AI】
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】ロボット×画像処理×AI×3現主義が得意な生産技術者|Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotly/PySimpleGUIなどを活用したアプリ開発について初心者向けに発信中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信|ココナラではPython/iOS/VBA開発の支援,就職/転職相談などのサービスもやっています↓ Pythonを使ったWebアプリ開発を支援します 成果物が明確なのでPythonを学びたい人にオススメです
\ Follow me /