AI

【サンフランシスコのバリスタロボット】コーヒーを一杯当たり30秒で提供 Cafe X

 

画像出典:

ロボットが奪い始めた人間の雇用 —— バリスタ・ロボットは1時間で120杯のコーヒーを作る
より引用

一杯当たり30秒で提供できて1台300万以下のロボット登場が活躍しています.

日本にもありますが,これから無人のカフェが増えそうですね.

ロボットに付属しているコントローラを使ってロボットを実際に動かし,

その動作を記録・再生させてロボットを動作させる作業を「ティーチング」※1と言いますが,

今後はバリスタの動きをロボットに反映させる作業(プログラミング技術が基盤)が重要になっていきそうです.

効率良くコーヒーを淹れるための「ロボットに対するプログラミング技術」と「手本となる人(バリスタ)の技術」

とが融合してもっともっと安く誰でも手軽にコーヒーが飲めるようになる事を期待しています.

個人的には店員さんと会話しながら淹れてもらう時間も好きなのですが,

これからはロボットが話し相手になってくれるのでしょうかね?

AIを使った技術のさらなる発展に目が離せません!

[1]ティーチング・・・

 

出典:Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B0

産業用ロボットのプログラムはティーチングによって作成される。 産業用ロボットはティーチングによって「記録」された動作を「再生」することで作業を行う。 これをティーチングプレイバックといい、この機能を持つことが産業用ロボットの定義の一つとなっている。

ティーチングを行う技能者のことをティーチングマンという。 ティーチングマンは労働安全衛生法により、特別な教育を受けることが義務付けられている。

より引用

http://yaskawa-meg.co.jp/

上記のような専門的な企業で労働安全衛生規則第36条第31号,第32号に基づいた安全教育を受けられ,

特別教育修了証を取得すれば,法律的にロボットのティーチングを行う事ができます.

私も最近取得し,ティーチングマンとなりました.

会社の教育で受けられる方が多いようです.

ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造×プログラミング×AI】 趣味は自家焙煎コーヒー作り。Python、VBAでの業務改善を得意とする。最近はStreamlit、Plotly、Pythonista 3にハマり中。 note、Twitter、Instagramやっています♪ noteではコーヒーの海外論文(主に焙煎理論)やAIに関する情報の発信をしています。