AI

【OpenCV AI Kit】Pythonのサンプルコードを実行するまで

OpenCV AI KitのOAK-1のセットアップからPythonのサンプルコードを実行するまでを解説します。

無事に最後まで進めばカメラが起動し、物体検出ができます。

今回紹介するものはMacOSによるものです。

到着

梱包状態は写真のようでした。

段ボールに包まれ、AI KITの文字が記載されています。

開封

Thankyou for your order!の文字とともにURLが書いてあるステッカーが入っていました。 

https://docs.luxonis.com/

にアクセスするとサンプルコードなどがまとめてあるページに飛べるような仕組みのようです。

4Kカメラ

意外と小さいです。

この大きさで4Kの画質を確保できるとは。

セット内容全部

写真がセット内容の全てです。

レンズ拭きもついてきました。

セットアップ

MacOSについて解説していきます。

ステッカーのURLを入力してサイトにアクセスします。

コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを打ち込んでいきます。

bash -c "$(curl -fL http://docs.luxonis.com/_static/install_dependencies.sh)"
python3 -m pip install opencv-python --force-reinstall --no-cache-dir
git clone https://github.com/luxonis/depthai.git
cd depthai
python3 install_requirements.py
python3 depthai_demo.py

-ddをつけると位置情報を無効にして表示できるようです。

OAK-1では位置情報がないのでこちらを使用しましょう。

python3 depthai_demo.py -dd

実行結果

パソコンの画面をtvmonitorと認識できました。(自信度合い:97%)

以上で解説は終わりです。

ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotlyを活用したWebアプリ開発について初心者向けに発信中|Wordpressブログを運営しながらHTML/CSSの勉強中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信
【製造×プログラミング×AI】
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】ロボット×画像処理×AI×3現主義が得意な生産技術者|Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotly/PySimpleGUIなどを活用したアプリ開発について初心者向けに発信中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信|ココナラではPython/iOS/VBA開発の支援,就職/転職相談などのサービスもやっています↓ Pythonを使ったWebアプリ開発を支援します 成果物が明確なのでPythonを学びたい人にオススメです
\ Follow me /