メンズキッチン

【ボストンの料理用ロボットがたった3分で料理】ロボット料理レストラン「Spyce」

 左から、三科光平「オーシャントーキョー ハラジュク」代表、高木琢也「オーシャントーキョー」代表、中村トメ吉「オーシャントーキョー」代表

画像出典:

機械が作る料理の味は?3分で調理完了するロボットレストラン「Spyce」がオープン!
より引用

いよいよ飲食分野にロボットが本格的に導入されてきたなと感じさせられるニュースです!

料理は好きだけど、凝った料理をしようとすると前処理とか時間がかかってしょうがない!

と感じている方は多いのではないでしょうか。

こちらのロボットレストランでは盛り付けは人間で、料理のベースをロボットが作るため完全にロボット任せにはしていないようです。時間がかかる部分はロボットに任せ。人間の繊細な手先が必要な部分は人間がやるという仕組みは面白いです。

ロボット料理に適したメニューもあるようで奥が深い。

今後、ロボットを扱える技術者が増えると色々な料理が作れるようになるのではないでしょうか。

人工知能も搭載されれば一流シェフの調理を学習させて、ロボットレストランで高級レストランの味を楽しめるという日が来るかもしれませんね。

ロボットの単価が下がれば、日頃からロボットに触れるお仕事をされている方なんかはご家庭に料理ロボットを導入しちゃうなんてのもありですよね。一度に大量に安定した料理を提供できるというロボットの特徴を考えればレストラン経営かお弁当屋なんかも同時にするのが高効率かもしれません。

飲食業界でも人不足の今、ロボットレストランの導入が一気に増えていきそうです。

最近は人件費削減のため、あらゆる分野でロボットが導入されていきいます。

ロボットメーカーが増え、ロボットのメンテナンスをできる人が増え、ソフトを作れる人が増え・・・

色々と勉強する事が増えそうですが、便利な世の中になるのではないでしょうか。

今後の動向に注目です。

↓ロボットに関して勉強したい方にオススメは本はこちら

↓人口知能に関して,ざっくりと理解できるようになる記事はこちら

【人工知能を使った小ネタ】ピカソのタッチを学習した人工知能に車を描かせてみた 今回はDeepLearningフレームワークのChainerを使った小ネタについて紹介します! ピカソが描いた絵の特徴を学...

↓人口知能に関して勉強したい方にオススメは本はこちら

ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotlyを活用したWebアプリ開発について初心者向けに発信中|Wordpressブログを運営しながらHTML/CSSの勉強中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信
【製造×プログラミング×AI】
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】ロボット×画像処理×AI×3現主義が得意な生産技術者|Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotly/PySimpleGUIなどを活用したアプリ開発について初心者向けに発信中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信|ココナラではPython/iOS/VBA開発の支援,就職/転職相談などのサービスもやっています↓ Pythonを使ったWebアプリ開発を支援します 成果物が明確なのでPythonを学びたい人にオススメです
\ Follow me /