コーヒー

【淹れたてのエスプレッソをご自宅で】おすすめのデロンギ製エスプレッソマシン

本記事では自宅で使えるエスプレッソマシンを紹介します♪

ランキングは
①機能性
②操作性
③コスパ
の3つの観点から評価を行い,順位付けしました。

※あくまで個人の意見です。

3位 DeLonghi (デロンギ) EC152J

機能性 ★★★★☆
操作性 ★★★★☆
コスパ ★★★★★

■説明:

コスパ最強のマシンです。

エスプレッソマシンが1万円以下で手に入ります!

ミルクの泡立て用のスチームノズルが付いていてカプチーノやカフェラテなども作れます。

必要最低限の機能は備わっているので初心者には特にオススメです。

コーヒーパウダーだけでなくカフェ・ポッドも使えるのも便利。

エスプレッソ作りに初めて挑戦される方は粉を詰める作業(タンピング)で失敗する事が多いので、失敗したくない時や時間がない時はカフェ・ポッドの使用をオススメします。

↓実際にマシンを使った実例も紹介しています

【格安エスプレッソマシンの使い方紹介】デロンギ製マシンで簡単にカプチーノを作る方法本記事ではコスパ最強のエスプレッソマシンを紹介します。 DeLonghi (デロンギ) EC152Jです。 なんとこのエスプレッソマ...

2位 DeLonghi (デロンギ) ECO310B

機能性 ★★★★★
操作性 ★★★★☆
コスパ ★★★★☆

■説明:
このマシンの特徴は先ほどのEC152Jの機能を維持したまま、本体上部にカップウォーマーが付いているのが特徴です。

デザインもオシャレ度が増しインテリアとしても映えます。

スチームノズルも強化されておりあっという間にスチームミルクを作る事ができます。

こちらもーヒーパウダーだけでなくカフェ・ポッドも使えます。

カラーバリエーションが豊富なので好みの色のマシンが見つかると思います!

1位 DeLonghi (デロンギ) EC680M

機能性 ★★★★★
操作性 ★★★★★
コスパ ★★★★☆

■説明:

最大の特徴はメタリックで高級感溢れるデザインとサイズ感。

サイズは幅15cm × 奥行き33cm × 高さ30.5cmなのでキッチンの場所を取りません!

喫茶店で見たことある方もいるのではないでしょうか。

同様のデザインのグラインダーもあればより一層オシャレです。

→デロンギ ディディカ コーン式コーヒーグラインダー KG521J-M

(私は愛用中のデロンギコーン式コーヒーグラインダーKG364Jが現役ですのでまだ購入できていません・・・が喉から手が出るほど今欲しい商品です)

話を戻しますが、このマシンもミルクの泡立て用のスチームノズルが付いていてカプチーノやカフェラテなども作れます。カフェ・ポッドも使えます。

エスプレッソはイタリア発祥でもありますし、イタリアのメーカーデロンギのマシンを買って失敗することはないです.

グラインダー含め、デロンギに統一できるとより一層オシャレですので挑戦してみるのもありではないでしょうか.

喫茶店にあるような本格的なマシンが3万円以下で購入できるので趣味として初めてもいいと思いませんか?

ランキングは以上です。

最後に・・・

美味しいエスプレッソを作るためにも自家焙煎をオススメします。

焼きたての豆を使ったコーヒーは別格です。

自家焙煎の専門店で焙煎豆を購入するのもいいですが、購入した豆がいつ焙煎されたのかどんな豆がブレンドされているのか分かりません。

興味のある方はこちらの記事もチェックしてみて下さい。

【自宅でバリスタ気分♪安くて美味しい自家焙煎】カルディコーヒーロースターを使った焙煎紹介趣味でコーヒーを始めて見てはいかがでしょうか。 本記事ではコーヒーの焙煎から抽出までを紹介します。 焙煎には自宅で使えるカルディコー...

その点、自分で焙煎をすると好きな豆を好きなようにブレンドして自分好みの味に挑戦することができます。

自家焙煎と聞くと難しいイメージがあるかも知れませんが、始めて見ると案外形になるものです。

喫茶店レベルの味を再現するのは大変ですが、自分で焙った豆で挽きたて・淹れたてのコーヒーを作るのは楽しいですよ。

焙煎に関して勉強したい方はこちらの記事で。

【コーヒーを深く味わえる良本を紹介】科学的な根拠に基づいた良本5選 コーヒー本を20冊以上読んだ私がお勧めする5冊を紹介します。 私がコーヒーを始めた初心者の頃に読んでいて感じた 読んでて楽しく理解でき...
ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【コーヒー×科学×AI×ものづくり】趣味は①家庭用ロースターで自家焙煎コーヒー作り②アプリ開発です。 Wordpressブログ、note、Instagramやっています♪ ブログでは自家焙煎の実例や実践的なプログラミングの例文紹介、noteではコーヒーの海外論文(主に焙煎理論)やAIに関する情報の発信をしています。
関連記事