Excel

【VBAステートメント一覧集】マクロの作成・解読に便利なまとめ

本記事ではVBAで使えるステートメントについてまとめました。

ステートメントとは直訳すると「宣言・提示・文」を意味する言葉です。

コンピュータ業界では「手続き・命令・宣言」を定義したものを指します。

VBAでは変数や定数の名前やデータ型の宣言、関数の呼び出し、オブジェクトの生成や破棄、変数への値の代入、条件の分岐や繰り返しなどの種類があります。

それではステートメントについて一覧表にしたので辞書代わりに使って頂けると幸いです。

ステートメント 使い方

例文

Dim 変数名 As データ型 変数名と型の定義を宣言 Dim x As Integer
Do Until ~ Loop

セル(1,1)の値が5になるまで処理を繰り返す

Do Until Cells(1,1).Value=5 
 処理
Loop
Do While ~ Loop セル(1,1)の値が5の間、処理を繰り返す Do While Cells(1,1).Value=5 
 処理
Loop
For ~ Next iの値が5になるまで処理を繰り返す For i = 1 to 5
 処理
Next
If ~ Then

もしiの値が10ならば処理を実行する

If i=10 then
 処理
End if
Option Explicit 変数の宣言を強制する  
Set  xにtestシートの参照を代入 Set x=Worksheets(“test”)
Sub ~ End Sub マクロを開始し終了する  
With ~ End With この間[ActiveSheet]を省略する With ActiveSheet
 処理
End With

↓本記事の参考にもさせていただいたオススメの書籍も紹介しています

【Excelで作業の自動化!マクロ・VBAを始める方へ】例文が豊富でオススメな本ランキング Excel マクロ・VBA に関する本で私がお勧めする3冊を紹介します。 初心者でもすぐに使え、上級者にも例題集として1...
ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【コーヒー×科学×AI×ものづくり】趣味は①家庭用ロースターで自家焙煎コーヒー作り②アプリ開発です。 Wordpressブログ、note、Instagramやっています♪ ブログでは自家焙煎の実例や実践的なプログラミングの例文紹介、noteではコーヒーの海外論文(主に焙煎理論)やAIに関する情報の発信をしています。