Excel

【VBAメソッド一覧集】マクロの作成・解読に便利なまとめ

本記事ではVBAで使えるメソッドについてまとめました。

メソッドとは直訳すると「方法・手法」を意味する言葉です。

コンピュータ業界では「各オブジェクトでの処理・操作」を定義したものを指します。

VBAでは「オブジェクト」を操作する方法として「プロパティ」を使う方法と「メソッド」を使う2つの方法があります。

メソッドを実行することで、オブジェクトの現在の状態を直接変更することができます。

また、メソッドには処理を実行する時に使用するデータや、処理の内容に関するオプションなどの情報を一緒に記述することがあります。これらの情報を「引数」といいます。

引数は、メソッド名の後に半角スペースを空けて指定します。メソッドの中には引数が必須なものもあります(表内の太字で表記

また、複数の引数を指定する場合は半角カンマ「,」で区切ります。

それではメソッドについて一覧表にしたので辞書代わりに使って頂けると幸いです。

メソッド 使い方

例文

Add オブジェクトを新規に追加する WorkSheets.Add
Activate アクティブシートの次のシートをアクティブにする ActiveSheet.Next.Activate
Arrange ウィンドウを整列する Windows.Arrange ArrangeStyle:=xlArrangeStyleTiled
ClearContents セルB2の書式や文字を削除 Range(“B2”).ClearContents
Copy コピーする Selection.Copy
Delete 選択したセルを消去する Selection.Delete Shift:=xlUp
Find A列から「伊藤」を検索 Range(“A:A”).Find(What:=”伊藤”)
GetPhonetic 「伊藤」をフリガナ変換 Application.GetPhonetic(“伊藤”)
InputBox インプットボックスをメッセージとして表示 Application.InputBox(“名前”)
Insert 行全体の挿入
セルの挿入-行全体

Rows(“B:B”).Insert
Range(“A2”).EntireRow.Insert

Merge

セルを結合する
セルの結合を解除

Range(“A1:B2”).Merge
Range(“A1”).UnMerge

Move  ワークシートを移動する(後ろ側) Worksheets(“test1”).Move After:=Worksheets(“test2”)
OnKey マクロにショートカットキーを設定する
[Ctrl]+[Alt]+[PageUp]
Application.Onkey “^%{PGUP}”
PasteSpecial 貼り付けする Range(“B1”).PasteSpecial
PrintOut 印刷する Range(“A1:Z10”).PrintOut
Protect ワークシートを保護する ActiveSheet.Protect Password:=”-“
Replace 入れ替える Cells.Replace What:=”a”, Replacement:=”b”, MatchCase:=True
Select 選択する Range(“A1:Z10”).Select

↓本記事の参考にもさせていただいたオススメの書籍も紹介しています

【Excelで作業の自動化!マクロ・VBAを始める方へ】例文が豊富でオススメな本ランキング Excel マクロ・VBA に関する本で私がお勧めする3冊を紹介します。 初心者でもすぐに使え、上級者にも例題集として1...
ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【コーヒー×科学×AI×ものづくり】趣味は①家庭用ロースターで自家焙煎コーヒー作り②アプリ開発です。 Wordpressブログ、note、Instagramやっています♪ ブログでは自家焙煎の実例や実践的なプログラミングの例文紹介、noteではコーヒーの海外論文(主に焙煎理論)やAIに関する情報の発信をしています。