Python

【StreamlitでWebアプリ作成】<<第4回>>選択肢とグラフを連携する

今回の内容は第3回の続きです。

【StreamlitでWebアプリ作成】 <<第3回>>動的な表を表示する    今回はStreamlitを使ってWebアプリを作成する例として表(データフレーム)を表示するアプリを紹介します。 CSVデータ、...

セレクトボックスを作成する(選択肢は表のデータを利用)

st.selectboxの使い方

.unique()を使うことでlong_dfの’nation’列内にある全通りの種類をリスト化して取得できます。

それをerea_listという変数に代入しておきます。

erea_list = long_df['nation'].unique()

 

st.selectbox()でセレクトボックスを作成できます。

今回はさらにsidebarを追加することでサイドバーにセレクトボックスを置くことができます。

st.sidebar.selectbox(タイトル、リスト)の順に記述します。

selected_erea = st.sidebar.selectbox(
    '表示する国を選択:',
    erea_list
)

選択肢から選ばれたものを使ってグラフを作成する

データをselected_erea(選択された国)に絞ります。

df = long_df [long_df['nation']== selected_erea]

棒グラフを作成する

plotly_expressを使って棒グラフを作成します。

dfには選択された国のデータで絞られているので、グラフはある国のメダルごとの獲得数を示す棒グラフとなります。

st.write(
    px.bar(df, x='medal', y='count' ,title="sample figure")
)

実行する

表も選択されたものに連動する

セレクトボックスでの選択、データ絞り込みの後で表を作成することで表も更新されます。

作成したアプリ

最終的なコード

import streamlit as st
import plotly.express as px


##第3回の内容##
st.title('Streamlit 解説')

long_df = px.data.medals_long()

##ここから第4回の内容##
##国名の列にある全ての国をリスト化する##
erea_list = long_df['nation'].unique()

##国名のセレクトボックスを作成する##
selected_erea = st.sidebar.selectbox(
    '表示する国を選択:',
    erea_list
)

##セレクトされた国でデータフレームの中身をフィルタリングする##
df = long_df [long_df['nation']== selected_erea]

##表を作成する##
st.dataframe(df.style.highlight_max(axis=0),width=500,height=500)

##メダルの色と数の棒グラフを作成する##
st.write(
    px.bar(df, x='medal', y='count' ,title="sample figure")
)

以上で解説は終わりです。

ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotlyを活用したWebアプリ開発について初心者向けに発信中|Wordpressブログを運営しながらHTML/CSSの勉強中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信
【製造×プログラミング×AI】
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】ロボット×画像処理×AI×3現主義が得意な生産技術者|Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotly/PySimpleGUIなどを活用したアプリ開発について初心者向けに発信中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信|iOSアプリ開発も始めました
\ Follow me /