Python

【Signate練習問題】アワビの年齢予測を解く簡単な手順

ファイルの読み込み

import pandas as pd
import numpy as np

train=pd.read_table('./train.tsv')
test=pd.read_table('./test.tsv')

データの中身を確認

train.info()
<class 'pandas.core.frame.DataFrame'>
RangeIndex: 2088 entries, 0 to 2087
Data columns (total 10 columns):
 #   Column          Non-Null Count  Dtype  
---  ------          --------------  -----  
 0   id              2088 non-null   int64  
 1   Sex             2088 non-null   object 
 2   Length          2088 non-null   float64
 3   Diameter        2088 non-null   float64
 4   Height          2088 non-null   float64
 5   Whole weight    2088 non-null   float64
 6   Shucked weight  2088 non-null   float64
 7   Viscera weight  2088 non-null   float64
 8   Shell weight    2088 non-null   float64
 9   Rings           2088 non-null   int64  
dtypes: float64(7), int64(2), object(1)
memory usage: 163.2+ KB

データの前処理

SexだけObjectになっているのでどんな文字があるのか確認してみます

train['Sex'].unique()

array([‘M’, ‘F’, ‘I’], dtype=object)

M,F,Iの3種で構成されている事が分かりました。(Iってなんだっけ?)

数値に変換しておくと何かと便利なので変換します。

train['Sex'] = train['Sex'].replace(['M', 'F', 'I'], [int(1), int(2), int(3)])

データ間における相関係数の確認

ここではseabornを使って相関係数の一覧を表示させます。

seaborn導入は一文入力するだけで完了です。

pip install seaborn

それでは実際に表示させて見ましょう。

※3行目:idは必要ないので削除しておきます

import seaborn as sns
df=train
df=df.drop('id',axis=1)
sns.heatmap(df.corr(),annot=True)

年齢(Rings)とはShell weghtと正の相関がある、他にもSex以外とは正の相関がありそうな事がよくわかります。

次にヒストグラムで分布の確認をして見ましょう。

年齢と関係する因子の確認

df=df.drop('Sex',axis=1)
sns.pairplot(df,hue='Rings')

Sexは削除して表示させます。(エラーが出たため)

年齢毎に色分けして表示させます。

自分同士のグラフはヒストグラム(対角上)、その他は散布図プロットになります。

いろいろなパラメータが線形関係になっていそうです。

ヒストグラムで年齢が低いものと高いものではっきり分かれているLength,Viscera weight,Shell weightあたりが目につきます。

※その他にもこの図から考察はできますが、今回は解析がメインではないので、詳細の考察は省略します。

プログラム全体(決定木を使った解析)

import pandas as pd
import numpy as np
from sklearn.linear_model import LogisticRegression
from sklearn.ensemble import RandomForestClassifier
from sklearn import tree

train=pd.read_table('./train.tsv')
test=pd.read_table('./test.tsv')
sample=pd.read_csv('./sample_submit.csv')
sub=pd.read_csv('./sub.csv')

df=train
df=df.drop('id',axis=1)
df['Sex'] = df['Sex'].replace(['M', 'F', 'I'], [int(1), int(2), int(3)])

y_train=df['Rings']
X_train=df.drop('Rings',axis=1)

# clf = LogisticRegression(penalty='l2', solver='sag', random_state=0)
# clf = RandomForestClassifier(n_estimators=100, max_depth=2, random_state=0)
clf = tree.DecisionTreeRegressor(max_depth=3, random_state=0)

clf.fit(X_train, y_train)

df=test
df=df.drop('id',axis=1)
df['Sex'] = df['Sex'].replace(['M', 'F', 'I'], [int(1), int(2), int(3)])

y_pred = clf.predict(df)
sub['Rings'] = list(map(int, y_pred))
sub.to_csv('submission.csv', index=False)

完成した決定木を確認

事前にpydotplusのインストールが必要です

conda config --add channels conda-forge 
conda install pydotplus

インストール後はインポートして実行するだけ

import pydotplus
from IPython.display import Image
 
graph = pydotplus.graphviz.graph_from_dot_file('tree.dot')
graph.write_png('tree.png')
Image(graph.create_png())

決定木の重要因子を表示することもできます。

print(pd.Series(clf.feature_importances_))
0    0.014257
1    0.000000
2    0.000000
3    0.000000
4    0.000000
5    0.072808
6    0.000000
7    0.912935
dtype: float64

7番目の項目にかなり依存しているようです。

infoで確認すると7番目はShell weightです。

df.info()
<class 'pandas.core.frame.DataFrame'>
RangeIndex: 2089 entries, 0 to 2088
Data columns (total 8 columns):
 #   Column          Non-Null Count  Dtype  
---  ------          --------------  -----  
 0   Sex             2089 non-null   int64  
 1   Length          2089 non-null   float64
 2   Diameter        2089 non-null   float64
 3   Height          2089 non-null   float64
 4   Whole weight    2089 non-null   float64
 5   Shucked weight  2089 non-null   float64
 6   Viscera weight  2089 non-null   float64
 7   Shell weight    2089 non-null   float64
dtypes: float64(7), int64(1)
memory usage: 130.7 KB

提出結果

評価結果:2.57 (203位/420人 2020年6月14日現在)

こんな簡単な数行のプログラムで上位5割にランクインという結果でした。

機械学習には様々な手法とそれに基づくパラメータがいくつも存在するので、テーマに合った手法の選択と合理的な前処理で精度を向上させる事が可能です。

ぜひ試して見てください。全く同じデータを用いた代表的な手法での結果は以下の通りとなりました。

◆ロジスティック回帰の場合

評価結果:2.8

◆ランダムフォレストの場合

評価結果:2.93

参考

決定木とかグラフ構造(dotファイル)をJupyter上で表示する

ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotlyを活用したWebアプリ開発について初心者向けに発信中|Wordpressブログを運営しながらHTML/CSSの勉強中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信
【製造×プログラミング×AI】
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】ロボット×画像処理×AI×3現主義が得意な生産技術者|Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotly/PySimpleGUIなどを活用したアプリ開発について初心者向けに発信中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信|ココナラではPython/iOS/VBA開発の支援,就職/転職相談などのサービスもやっています↓ Pythonを使ったWebアプリ開発を支援します 成果物が明確なのでPythonを学びたい人にオススメです
\ Follow me /