Python

【初心者でもすぐにできるPython活用例】大量のCSVデータをExcelのシート毎に保存する

皆さんはCSVデータをExcelでまとめたい時、どうしていますか。

CSVデータのファイル数が少なければ一つ一つ処理していけば良いですが、

ファイル数が多いのに、コピー&ペーストをしているとかなり時間がかかる作業となります。

そこで、本記事ではPython初心者向けにCSVデータをExcelに貼り付けする例を紹介します。

まだ、Pythonをインストールしていない方はこちらの記事を参考にしてください。

【Pythonの始め方】AI作成準備 〜Pythonの環境構築〜皆さんはAIなんて自分では作れないと思ってはいないでしょうか。 実は本記事で紹介するPyhonを実装すれば誰でも簡単にAIを作って遊ぶ...

プログラム内容

このプログラムをコピーしたものをCSVファイルが大量に存在するフォルダに入れて、Pythonで実行すればtest.xlsが作成されます。

test.xlsにはCSVファイル名がシート名になり、CSVファイル毎でシートに保存されます。

import os
import glob
from pathlib import Path
import csv
import os, glob
import pandas as pd

# このフォルダ内にあるcsvファイルの一覧を取得
files = glob.glob("*.csv")

# 全てのCSVファイルを読み込み、dictに入れる
dfs = {}
for file in files:
    dfs[os.path.basename(file)] = pd.read_csv(file, encoding="shift-jis", header=None)

# パネルを作成
pf = pd.Panel(dfs)

# Excekファイル(test.xls)を生成
pf.to_excel("test.xls", index=None, header=None)
ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【コーヒー×科学×AI×ものづくり】趣味は①家庭用ロースターで自家焙煎コーヒー作り②アプリ開発です。 Wordpressブログ、note、Instagramやっています♪ ブログでは自家焙煎の実例や実践的なプログラミングの例文紹介、noteではコーヒーの海外論文(主に焙煎理論)やAIに関する情報の発信をしています。