SwiftUI

【SwiftUIでApple Watchアプリ開発】ストップウォッチアプリの作り方

iOSアプリ開発の初心者向けに、基本的なコードで作ることができる「ストップウォッチアプリ」の作成方法を紹介します。

本記事では以下の内容が学べます。

・ボタンの作成
・カウントアップの実装方法
・ボタンタップ時のイベント設定

それでは解説していきます。

アプリ完成イメージ

機能

①スタートを押すとカウントアップが始まり、停止ボタンが表示される

②停止ボタンを押すとカウントアップが止まり、再スタートおよび終了ボタンが表示される

開発環境

Xcode Version 12.5 (12E262)
Apple Watch Ver.7.4.1(18T201)
iPhone X Ver.14.5.1 

XcodeでApple Watch用プロジェクトを作成

Xcodeを立ち上げ、iOS App With Watch Appを選択します。

Product Nameにアプリのタイトルを入力します。今回はStopwatch-sampleとしました。

プロジェクトが立ち上がったらStopwatch-sample WatchKit Extension フォルダ内のContentView.swiftを選択します。

右上の「Resume」を押してApple Watchの画面が表示されることを確認してください。

ContentView.swiftの中身を書いていきます。

ContentView.swift

//
//  ContentView.swift
//  Stopwatch-sample WatchKit Extension
//
//  Created on 2021/05/22.
//

import SwiftUI

struct ContentView: View {
    @ObservedObject var stopWatchManeger = StopWatchManeger()
    
    var body: some View {
        VStack {
            Text(String(format:"%.1f",stopWatchManeger.secondsElapsed))
                .font(.custom("Futura", size: 50))
            
            if stopWatchManeger.mode == .stop{
                Button(action: {self.stopWatchManeger.start()}){
                Text("スタート").font(.title)
                }
            }
            
            if stopWatchManeger.mode == .start{
                Button(action: {self.stopWatchManeger.pause()}){
                    Text("停止").font(.title)
                }
                
            }
                
            if stopWatchManeger.mode == .pause{
                VStack{
                    Button(action: {self.stopWatchManeger.start()}){
                    Text("再スタート").font(.body)
                           }
                    Button(action: {self.stopWatchManeger.stop()}){
                    Text("終了").font(.body)
                           }
                }
            }
        }
     }
}

struct ContentView_Previews: PreviewProvider {
    static var previews: some View {
        ContentView()
    }
}

struct ExtractedView: View {
    var label:String
    var buttonColor:Color
    var textColor:Color
    
    var body: some View {
        Text(label)
            .foregroundColor(textColor)
            .background(buttonColor)
    }
}

class StopWatchManeger:ObservableObject{
    
    enum stopWatchMode{
        case start
        case stop
        case pause
    }
    
    @Published var mode:stopWatchMode = .stop
    
    @Published var secondsElapsed = 0.0
    var timer = Timer()
    
    func start(){
        mode = .start
        timer = Timer.scheduledTimer(withTimeInterval: 0.1, repeats: true){ timer in
            self.secondsElapsed += 0.1
        }
    }
    
    func stop(){
        timer.invalidate()
        secondsElapsed = 0
        mode = .stop
    }
    
    func pause(){
         timer.invalidate()
        mode = .pause
     }
}
ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotlyを活用したWebアプリ開発について初心者向けに発信中|Wordpressブログを運営しながらHTML/CSSの勉強中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信
【製造×プログラミング×AI】
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【製造業×プログラミング×AI】ロボット×画像処理×AI×3現主義が得意な生産技術者|Python/VBAを活用した業務改善、Streamlit/Plotly/PySimpleGUIなどを活用したアプリ開発について初心者向けに発信中|趣味は自家焙煎コーヒー作り|noteでは焙煎理論を発信|iOSアプリ開発も始めました
\ Follow me /