ゴルフ

【ゴルフのコスパを極める!趣味で始める方必見!】ゴルフ用品もネットショップがお得!

2020年になった今、新しく趣味でゴルフを始めて見てはいかがでしょうか。

本記事ではゴルフを一から始めるのに必要なアイテムを紹介します。

今からゴルフを始めようと考えている方の手助けになれば幸いです。

ゴルフはお金持ちのスポーツと思われがちですが、最近は趣味で始めるハードルが下がっているように感じています。

そこで、はじめに私がゴルフを始めてよかったと思う理由から紹介します。

少しでも興味を持った方はまずは行動してみましょう

【私が考えるゴルフを始めるハードルが下がっている理由】

・アイテムやコース代が安くなってきている(ネットショップ、GDO予約など)

  ⇒ネットショップについては本記事で紹介します

  ⇒GDO予約では平日なら3,000円、土日でも8,000円くらいのゴルフ場が見つけられます

・誰でも上手くなれる環境が揃っている(youtube動画、本、雑誌、アプリなど

・サラリーマンの必須スキル、ゴルフの会話は盛り上げる!(ゴルフなら有給が取りやすい?)

アイテムの準備

アイテムの準備

ゴルフにかかる費用一覧

初期投資を10万円以下に収めるには中古品の購入やネットショップでの買い物がおすすめです。

なぜならゴルフ製品は年々新しい製品(飛距離UPや方向安定性向上を狙った設計変更)

が次々と発売されるため、数年の型落ちで価格が圧倒的に安くなるからです。

また、ネットショップも人件費・店舗代がかからないため安くなります。

<<ゴルフ5の通販サイト>>
GOLF5

楽天などのネットショッピングではセット購入で安くなったり、ポイントがつく、価格が比較しやすいというメリットがあります。

わたしが楽天ポイントを貯めているのでゴルフグッズも楽天で購入しました。

これが実際にわたしがゴルフを始める際にかかった費用です。

アイテム わたしが実際にかけた費用 参考
クラブ アイアンセット 2万円

クラブ ドライバー 2万8千円

シューズ 1万2千円

キャップ(キャップマーカー付き) ~3千円

ティー ~1千円

練習用バッグ ~1万円

ウェア一式、グローブ、バッグ ~2万5千円 アウトレット、ユニクロなど

コスパを極めるポイント

コスパを極めるポイント

始めは道具にこだわりすぎず、まずは一式そろえて始めてみることを優先しましょう。

基本的なフォームを習得し、ある程度上手くなってから自分に合った道具を買うで良いでしょう。

親や上司に使っていないクラブを譲ってもらるかもしれないので試しに聞いてみるのもありでしょう。

新しく買おうとしている方にはコスパを極めることをおすすめします。

結論を言えば、ネットショップや中古品での購入がコスパがいいです。

なぜならゴルフ業界は数年の型落ちで価格が圧倒的に安くなるからです。

その分、毎年新しい技術を取り入れた道具が発売されるので技術者としては楽しみでもあります。

最近ではAIが設計したクラブフェースをうたった製品も発売されています。(余談ですが。。。)

アイアンの選択

一通りロフト角がそろうアイアンセット

一通りロフト角がそろうアイアンセット

ゴルフ歴が長く、プロ並みのスコアで周る先輩から教わったおすすめが楽天で購入できる8本セットのアイアンでした。

Larouge-HTアイアンセット8本セット

特にこのクラブはソールが厚く方向安定性に優れ、低重心に設計され球は上に上がりやすく、

ツインカットソールでラフにも負けない工夫がされているので初心者にはおすすめだそうです。

アイアンのロフト角も間隔もバランスよく、すべての飛距離に対応できるようになっています。(★かなり重要)

⇒始めてで中古のクラブを買う際は必ず気をつけた方が良いポイントです。

不安な方は今回紹介するクラブのような8本セットなど、セットのアイアンを購入すればするようにしましょう。

半信半疑で購入したものの、打ってみると気持ちよく上がり、方向もまっすぐ飛ぶようにフォームは変えていないのに

球すじがかなり改善され驚きました。

残念ながら以前から使っていた親から譲り受けたクラブは倉庫行きとなりました。

★アイアンのロフト角度は重要です(Larouge-HTアイアンセット8本セット

5I 6I 7I 8I 9I PW AW SW
ロフト(°) 27 30 34 38 42 46 50 55
ライ角(°) 61.5 62 62.5 63 63.5 64 64.5 65
長さ(インチ) カーボン 38 37.5 37 36.5 36 35.5 35 34.75
スチール 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.25
重さ(g) カーボン 375 380 385 390 400 405 410 415
スチール 405 410 415 425 430 435 440 440
バランス D1
ヘッド素材 ステンレス
シャフト硬さ/素材 カーボン Rシャフト/東レ製100%軽量カーボンシャフト
スチール Sシャフト/オリジナル軽量スチールシャフト
グリップ Larouge オリジナルラバーグリップ
ヘッドカバー なし


出典:製造直販ゴルフ屋より引用

ドライバーの選択

方向性が安定するドライバー

方向性が安定するドライバー

スライスしがちな人には絶対おすすめの曲がらないクラブで有名なテーラーメイドのドライバーM4。

ロフト角10.5°フレックスはSRシャフト※のものを購入しました。

フレックス(固さ)について

※SRは stiff(スティッフ)regular(レギュラー)の略。 SシャフトとRシャフトの中間の硬さ。(S:固い R:柔らかい)

力があってスウィングスピードが速い方にはSが最適、スウィングスピードが遅めの方にはRが最適のイメージ

こちらも半信半疑で購入しましたが、元々スライサーだったわたしでもまっすぐ飛ぶようになりました。飛距離も200ヤード~220ヤード ⇒ 220ヤード〜240ヤード と20ヤードくらい伸びました。

改めて道具も大事だなと思いました。

値段は高めですが、新作のドライバーを新品で買おうとすると 10万円はくだらないので

コスパのいい買い物ができたと思っています。

★ドライバーのシャフト固さの選択は重要です(M4ドライバー仕様)

HEAD M4 DRIVER
ヘッド素材/フェース素材 チタン[9-1-1ti] + グラファイト・コンポジット・クラウン / チタン[6-4 ti]
ロフト角(°) 9.5 10.5
ライ角(°) 58
ヘッド体積(cm3<?>) 460
長さ(インチ) FUBUKI TM5 45.75
TourAD IZ-6 45.25
Speeder 661 EVOLUTION IV
FUBUKI TM5 S
SR
R
TourAD IZ-6 S
Speeder 661 EVOLUTION IV S
SHAFT FUBUKI TM5 IZ-6 EVO IV
フレックス S SR R S S
クラブ重量(g) 約299 約297 約295 約311 約313
シャフト重量(g) 約54 約52 約50 63 67.5
トルク 4.6 5.0 5.2 3.2 3.7
バランス D2.5 D2.5 D2.5 D2 D2.5
キックポイント
グリップ TM360 Black / Gray CP( 径60/42g) (径60/47.5g)

出典: テーラーメイドゴルフ(TaylorMade Golf) M4 ドライバー/FUB…  より引用

<<スポンサーリンク>>

ゴルフを始めよう

まとめ

ゴルフを始めよう♪まとめ

ゴルフを始めようと思うと高くていいクラブが必要とかレッスンが必要じゃないかとか

いろいろと考えてしまい、お金がかかるイメージがあるかとは思います。

本記事を読んで道具は10万以下でそれなりのものが買えることはわかって頂けたのではないでしょうか。

また、レッスンは動画や本で十分、 ゴルフ予約はアプリがおすすめ なので紹介していきます。

それではまた♪

スポンサーリンク

ABOUT ME
Mickey@コーヒー好きエンジニア
【コーヒー×科学×AI×ものづくり】趣味は①家庭用ロースターで自家焙煎コーヒー作り②アプリ開発です。 Wordpressブログ、note、Instagramやっています♪ ブログでは自家焙煎の実例や実践的なプログラミングの例文紹介、noteではコーヒーの海外論文(主に焙煎理論)やAIに関する情報の発信をしています。